黒字決算部 ── コスパ抜群の経理代行

利益を生まない間接業務を、アウトソーシングで切り離すってことは、時間を買い戻すこと。 稼ぐ能力のある人材は、間接業務に拘束されてはいけません。 人口減少が止まらず、まるで労働力が消えてしまったようにも見える日本。 儲からない仕事をやる余裕はどこにもないはずですね。

儲からない仕事を、
バッサリやめるのって
社長の大事な仕事です。

カンセツ業務ってナニ?

数字を見たらアレルギーが起きるんですと?
小、中学校で、
算数が苦手だった社長に、
ときどきあります、こういうこと。
カンセツ業務の意味がわからないと、
仕事の割り振りをごちゃ混ぜにしがちなんじゃ‥‥
──あ、
すいません。
説明が足りませんでした。
案外ごぞんじない方が多いんですね、
カンセツ業務って何か
っていうことを。
>え?なに?
>カンセツ業務?
>うちはそんな仕事やってへんで。
>ないない。

‥‥とか ε=( ̄。 ̄;)
さっすが数字はきらいとおっしゃるだけのことはあって、
ええ感じです。
でもね、
ちゃんとあるんですよ!
漢字で書くと間接業務
あなたの会社にもまちがいなく、
直接業務間接業務ってもんの両方があって、
誰かがそれをやってます。
じゃあそれ、
間接業務ってなんなんでしょうか?
はい、それは、
直接的に収益を生み出さない業務のこと。

経理も総務も、
ばさーっとスッキリ外注
カネにならんことをやっとる場合やおまへん。

どこでもいつでも経理代行

カンセツ業務っていう用語が、
どうも通じにくいので、
おもてむき経理代行という言い方をすることもありますが、
天才不在事業部のこのサービスは、
間接業務アウトソーシング
です。
領収証の束をめくりながら、
そのデータを打ちこんでいく作業とか、
あっちの銀行からこっちの銀行にお金を移す作業とか、
経理にかかわる基本的な作業の代行が中心ではありますが。
それだけではなしに、
誰が入社して誰が辞めただの、
社会保険はどうするんだだの、
タイムカードの打ち忘れをどうしようだの、
有給休暇の残が何日だの、
給与台帳を提出しないといけないだのといった人事系も。
内勤

ひとくくりにされるルーチンワークですね。
あるいは総務と呼ばれたりする雑多な事務とか、
そういうのをごっそり丸ごと代行させていただく。
(はじめは一部分でも、
使い勝手がいいのでだんだん拡大してきます。)

さらに、
決算処理まで含む
っていうところに注目していただきたい。
当社は、
空中戦の得意な税理士や社会保険労務士の先生方とタイアップしてるので、
できれば士業のネットワークをひとまとめに
セットで考えていただくほうが話が早い。
空中戦(ё_ё)?
っていうのは、
いわゆるクラウドをバリバリに300%活用して、
極限までネットでエリア関係なしになんでもかんでもやってしまうこと。
リモート能力がズバ抜けて高い先生が、
クラウド経由でシステム屋と連携するとものすごくコスパが上がる。
まさにぶっちぎり
ひとつのポイントは、
税理士さんをどうするかってことです。
ちっこい会社は、
あまり社会保険労務士先生と顧問契約を結ぶってことはないかもしれませんが、
法人なら税理士さんとの顧問契約率は90%以上でしょう。
ですので、
すでにお世話になっている先生がいらっしゃって、
面倒見のよい先生で満足しておられるなら、
そのままおつきあいを継続してください。
当社はデータ入力の作業だけ代行させていただき、
決算処理(税理士の独占業務部分)についてはその税理士事務所と相談させていただきます。
すでにご承知のとおり、
相談に乗ってもらう税理士さんの選択によって、
経営っていうのはものすごーく大きな差が出るものですよね。
税理士先生っていうのは、
決算書をつくるのが仕事じゃないし、
税金を低く抑えるための人でもない。
経営全般、
右から左からナナメからウラから、
あらゆる角度から戦略的なお金のまわし方を教えてくれる存在でなければ。
>いっぱい儲けていっぱい納めましょう!

ていうくらいのタイプでなければ。
年に2~3回しか顔を合わせないようじゃ、
たとえ顧問の先生が優秀だったとしても活用できているとはいえませんね。
当社は、
コンサルティング能力の高さ、
どれだけ親身になって相談に乗ってくれるかという視点で、
複数の税理士先生とおつきあいさせていただいております。
社会保険労務士の先生とか司法書士の先生とかも。
先生だからってえらそうにしてたらわたしがブン殴ってやりますから、
ぜったいに信頼できるし話しやすいです。
だからなるべく、
決算処理までを含んで任せていただくのがおすすめです。
●経理総務代行サービス「黒字決算部」のご提案

儲けにならない仕事は仕事じゃない!
おカネにならない仕事にサヨウナラ。これは、社長の体と頭を「カネになる」本業に集中していただくためのサービスです。

◆現状のコストを試算してみましょう
税理士先生は決算書つくるだけの存在ではありません。 顧問料のムダづかいをしていませんか。 伝票入力や給与計算にかかっている内勤の人件費と、税理士報酬の月間平均を計算してください。 それが15%以上削減できてクオリティが2倍に向上するなら「黒字決算部」へゴーサイン。

お問い合わせは‥‥

※はじめてお電話いただく際は「ホームページで見た」ことをお伝えください。不審電話とまちがわれて取り次がれない恐れがありますので(;^ω^A

料金について

料金は基本的に、
世間の相場どおりとお考えください。
価格で勝負しているわけではありませんが、
デジタル処理はプロなので効率めっちゃいいです。
試しに、
現在の税理士先生の報酬
と、
伝票入力作業にかかっている人件費

計算してみてください。
合計で月いくらになりますか?
税理士報酬は年に1回、
決算処理のために別枠で支払っている分も含めて、
年間総額を12で割って月平均を出してみる。
代行業務を受けさせていただくにあたっては、
それを
確実に下まわる料金設定を目指します。
クオリティの高いコンサルティングが受けられて、
月々の儲けが早くわかって、
しかもコストは下がる。
社長は稼ぎに集中できる。
ええとこだらけの話です。
あなたの「儲からない仕事」で、
わたしたち儲けてます。
ほんにこの世は共存共栄、
ありがとうございます。

クラウドだからこそのご提案

天才不在事業部は
情報処理のプロフェッショナル
つまり間接業務のプロでして、
わかりやすくいうと事務のプロなんです。
みなさんにとっての間接業務が、
当社では直接業務になる
ってことなのです。
鉄クズを集めてスクラップにするお仕事と理屈は同じで、
クズが儲けになる(ё_ё)
だから、
1円もお金を生まない伝票の処理とか、
わたしたちに譲ってください!
あなたが1時間かかる算数の問題を、
わたしが5分で解いたとすれば、
12倍のスピード。
答が正確かどうかを別としても
事務のスピードだけで3倍、5倍の差がつく。
素人のパートさんを雇うより、
速く美しく、そして安く、事務処理が終わる。
経理、人事、総務‥‥
納品書も速いし請求書も速い、
給与明細も速い。
ハンターはさっさと猟に出て、
シカでもシマウマでも捕まえてきてナンボ。

お互いが本来の持ち場に徹する。
たしたちは自社製クラウドのメリットを縦横に駆使し、
社長のベストな意思決定のための判断材料を見つけ出すことができます。
どれだけ売上に差がつくか、
いまはまだ想像もつかないことでしょう。
が、
関西人のあなたなら、
551の豚まんあるときとないときの差を思い浮かべていただければ、
だいたいあんな感じと。
クラウドの意味も特長も、
百聞は一見にしかず。
あなたの間接業務を、
天才不在におまかせください。
稼ぎに集中できるしくみをつくります。
セットで頼むとさらにおトク無料枠が‥‥